21世紀のグローバル化時代を迎え、東アジア域内の交流と疎通、協力の重要性にともなう韓国発日本研究、および韓中日比較・対照文化研究の当為性は敢えて強調する必要はないでしょう。
 よって、檀國大学校日本研究所は、東アジア学として日本文化に関する統合的研究概念の定立と専門研究の人材養成、人文科学を中心とした諸々の学問領域での学際的かつ体系的な日本研究を通じて、韓国においての日本研究発展の寄与にとどまらず、ひいては、研究成果を世界に発信することを目的に運営しております。
 日本研究所では、このような問題意識にもとづいて数年前から<韓・日人文学の交流と疎通>という研究所の核心アジェンダを各研究領域で具体化してまいりました。
 現在まで、韓国研究財団登載誌『日本学研究』は第46輯(2015年9月現在)を刊行し、40回に至る国内ならびに国際学術大会の開催、韓国研究財団の研究課題遂行、学術研究叢書刊行、国内外研究機関との学術的交流、研究資料の収集など、多彩な内容の研究活動を通して研究所の核心アジェンダである<韓・日 人文学の交流と疎通>に関する研究成果を蓄積していると自負しております。
 とくに、2014年度からの3年間、韓国研究財団の基礎研究支援事業課題(東北アジア神話と民族主義関係理解のための電子地図構築に関する研究)に選定され、現在も順調に研究を遂行しております。同じく、2014年度から3年間、韓国研究財団一般共同研究支援課題(韓日古典文学のなかの非日常体験の形象と日常性回復のメタファー)に選定され、<韓・日人文学の交流と疎通>という研究所の核心アジェンダに符合する研究課題を遂行中でございます。
 今後もこのような研究活動をより一層、深化・拡大させていきながら、志をともにする国内外の多くの研究者および研究機関等と協力して交流を広げていく所存でございます。
 何卒、皆様ご声援ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。


2015年12月
檀國大学校 日本研究所長  鄭 灐 拝上






 
京機道龍仁市水枝区竹田路152 檀国大学校 商経館530号    TEL : 031) 8005-2667~8    FAX : 031) 8021-7244    danjpns@daum.net
このサイトに掲載されたコンテンツを無断で使用することは禁止されています。    Copyright 2015 檀国大学校付設日本研究所, All Right reserved.